<2019/11/24>FITCO×アビスパ福岡  レベルファイブスタジアムでアビスパ福岡 実証実験

チケットレス入場、スマホでの飲食注文の実証実験を実施

11月24日(日)

アビスパ福岡の実証実験第1弾として、手の指4本で生体認証を行いチケットレスで入場できる仕組み、また、スマホで注文&決裁を行い、待ち時間なしで商品を受け取れる仕組みの実証を行いました。実証の参加者はFITCO会員に募集をかけ、約40人の人が実証に参加していただきました。実証に参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

生体認証での入場

チケットレス・手ぶら入場の実証には、日本エアロスペース株式会社が提供する、フランスのIDEMIA社のMorphoWaveという製品が使われています。非接触で指4本をさっと通すだけで指紋を認証してくれる優れものです。

dummy-photo

まず総合受付に集合です。

dummy-photo

受付で実証の説明をもらいます。

dummy-photo

まずは入口で指を通します。Access Grantedと一緒に自分の名前も表示されます。

dummy-photo

次はスタンドゲートでの認証です。第4回ふくおかAI・IoT祭りinSRPで指紋を登録した人はスムーズには入れましたが、当日登録の人は、しばらく通れませんでした。データの同期に時間がかかっていたのかもしれません。

dummy-photo

スタンドに入ればスタジアムが広がっています。

dummy-photo

練習している選手を見ているとテンションが上がります。

座席からの飲食物注文・引き取り

サッカーの試合は、野球のように試合の途中で抜けれないので、トイレや売店の注文が、試合前とハーフタイムに集中します。食べ物の売店は行列になる事も多いのですが、今回は座席にいながら、スマホで注文して、料理の準備ができたらSMSで知らせてくれるというサービスの実証を行いました。

dummy-photo

ハンバーガーやカレー、お弁当などが注文できます。

dummy-photo

選手が練習している間、料理ができるのを待っているのですが、スマホが気になってしまいます。

料理の写真は取り忘れです(^^; あっという間に売り切れとなり、注文できない人もいました。待たずに注文を受け取れるのはいいですね!

試合

そうこうしているうちに試合が始まります。

dummy-photo

アビスパサポーターは最終戦なのにいつもより少し少ない?

dummy-photo

鹿児島は勝てばJ2残留という事で大勢のサポーターが来ています。

dummy-photo

選手が入場してきます。

dummy-photo

FITCO関係者も盛り上がっています!

dummy-photo

コイントスで試合が始まります。

dummy-photo

前半28分に、斜めに入ってきたクロスボールに城後が頭で合わせて先制!(応援に夢中で写真は取り忘れ。。。)

dummy-photo

前半40分にペナルティアリア内でファールがありPK

dummy-photo

止めてくれ~

dummy-photo

1:1の同点

dummy-photo

後半は攻め込まれるシーンが多かったですが

dummy-photo

後半27分に山田のゴールで2-1に!

dummy-photo

このまま終了し最終戦を勝利で飾る事ができました

最後に

試合終了後には高島市長の挨拶もあり、次年度J1昇格へ向けたメッセージをいただきました。

 

試合も勝って、とても楽しい実証になりました。

FITCOは、2020年の1月に、アビスパ福岡 スポーツテックWGを立ち上げる予定です。サッカーが好きな方、アビスパファンの方、また別のチームのファンの方、一緒にレベスタでのAI・IoT技術の活用を考えましょう!多くの方の参加をお待ちしております。